書籍、小説

魔法使いは今日も歌を謳う

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

魔法使いの中でも一番最高のランクを誇るのが「大魔法使い」。
大魔法使いを夢見たただ一人の少女と勇者でありながら、この世界にたった一人しかいない「大魔法使い」の称号を持つ青年の物語。

ある日、主人公の柚舞は魔法学者である父にお使いを頼まれ隣町の野草屋に来ていた。その帰りに男とぶつかって転んでしまう。柚舞は男に抗議しようとするが男の様子は何処か変でフラフラしていた。
心配して声をかけるが男は柚舞を無視し、歩きだそうとした為、男の裾をグッと引っ張り、男を押し倒し…?!

木漏れ日の幽霊

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

一(にのまえ)すずは、困惑していた。
今、目の前で日常を壊している男は、幽霊なのだ。幽霊の名は瀬古貴希。この日から、彼女にとって忘れられない日々が始まる…

祖母のいない家で巻き起こる、不思議な生活。
そして、様々な幽霊たちとの出会い、別れ……

彼らの未練とは。そして、貴樹の死に隠された、真実とは……

貴方だけでも

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

貴方だけでも幸せになってほしいから、私のことは気にしなくていいから。

だから、私のことは気にせず、幸せになって。

そんな少女たちの、仄暗く悲しい中編小説集。

貴方の幸せ、私の幸せ。

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

貴方が幸せでなければ、私も幸せじゃないから、貴方だけでも、どうか幸せになってほしい。

そんな不幸な少女二人の、仄暗く悲しい短編小説集。

記そ憶のカケラ

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

変わらない日常
変わらない街
そんな中でも
何かを隠して生活している人が間違いなくいる。
私もその中の1人。
誰にも話さず
誰も信じず
未来なんて分からない。
これから自分がどうなっていくかなんて。
ただ一つだけわかる事がある。
きっと私の場合は悲しみだ。

双子のマッチ売りからの?

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

大きなイベント中の商店街に来た5人の仲良し組そのうちの一人の女の子がお目当ての物を買うつもりが人助けの為にそのお金を使ってしまって買えなくなったでもどうしても買いたくてその5人でオリジナルの【双子のマッチ売り】という劇をしてお目当ての物を買う為のお金を集めようという事になりました。
〜ここから劇が始まる〜
(劇の内容)
病弱なお母さんを助けるためにお兄ちゃんと妹は家にあったマッチを売りに行くでも、ちゃんとした服や靴はなく凄い雪の中を薄着で売りに行くことになる。そこまでしてもマッチはなかなか売れず二人は凍えてついには売り物のマッチに火を付けて暖かい家庭を思い浮かべて2人で話している。そんな光景をお金持ちのお嬢様は家の中から見ている。二人はいつの間にか遠いお金持ちの家の前まで来てしまっていたのだ…お嬢様は二人を助けようとするが上手く抜け出せず二人が凍えて死んでいくところを見ている事しか出来なかった。そして観客からお金を貰う。買いに行くところで夢が冷めてしまう。

時間を超えた双子

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

生まれた時からいつも一緒で、仲のいい双子の
かえで と みや
ある日、みやの姿が消えてしまった。
探しても見つからない みや。
かえで と みや 双子のちょっと不思議なお話。
時間を超えてもあなた達はずっと心で繋がっていられますか、、、

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ツッコミどころしかない

Joker

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

父の会社の後継として期待に押しつぶされる日々を送っていたが、ある日芸能プロダクションにスカウトされモデルの道に進む。

同じ会社には、アイドルとして有名なケビンがいた。

年が近いことから
親しい中になり

お互いの違いに惹かれ合ううちに
恋に落ちる

アシンメトリー〔1〕

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

行き過ぎた科学が人類を滅ぼしブラックアウトしたその後の世界。姉を幼い頃に見失った白楼閣境谺はただひとつ書き残された目的地「幻世学園」へと向かうことを決意する。

ラストピリオドIF オラクルストーリー

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

"死して生まれる絶望"が全て殲滅され、人々が平和を得た筈の世界。だが世界のシステムは変わらなかった。スペアレルムの軍事力誇示とそれへの反抗はそのうち戦争へと変化を遂げ、世界は死と平穏が隣り合わせの均衡に包まれた世界。そして物語はその現在に当たる未来を知り得ながらも何もしなかった少女の話

皇宮の個性皇后

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

虚構中国古代風  面白いと思います。

(私の日本語が上手じゃありませんよ。初学者ですよ。日本語応用が違い. よろしくお願いいたします。)

表と裏の顔

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

あらすじは特に書かないけど。
ミステリー系なので。撮影するのがかなり難しい。
視聴者にわかりやすく起きている現象を伝えるかが大切だ

走れ!新聞部!

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

中里中学校の弱小新聞部は今日も4人で活動中。
そこへ報道委員会が乗り込んできて、新聞部に代わって新聞を発行するという。
廃部の危機を果たして乗り越えられるのか!?

日常1

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

幸せな日常を生きて、それなりに死ぬ。これが彼の理想形だった。普通の高校に通う高校2年生のリツは幼い頃から自分と大切な人、弟の幸せだけを考えていた。だが彼が小学生の頃、双子の弟が死んだ。弟は彼の心の支えでいり、大切な存在でいった。そんな弟を失くしたリツは自分の幸せ"だけ"を強く考えるようになった。
彼が中学校に上がった頃、父は仕事が忙しいようで家にいまり帰ってこなくなった。父を敬愛しているら母は父に任されている"子育て"を一生懸命やるようになる。
高校に入ったころには父の仕事も治まり、母も安心しているようだ。
一見仲睦まじい家族を持つ彼が求めた日常とはなんなのか。
幸せな日常を求めた男の子の物語。